和装選びのポイント*パート2

こんにちはˆΟˆ

ようやく梅雨も明けて夏本番ですね♪

夏の予定は立てましたか?海にプールに花火*夏はイベント満載で楽しい季節ですね♥

 

今回は前回に引き続き、和装についてのお話です。

 

黒引き振袖

引き振袖とは江戸時代の花嫁の婚礼衣裳。花嫁が着る振袖は婚礼用の特別なもので、おはしょりをせず裾を引きずって歩くことから引き振袖と呼ばれます。裾にはふき綿が入っており、裾の端が少しふくらみがあるのが特徴です。引き振袖は、本振袖、大振袖、と言うときもあります。引き振袖のうち黒地ものを袖黒引き振と呼びます。白無垢や色打掛と違い、挙式・披露宴どちらでも着用できます。

引き振袖は、江戸時代に武家の娘が婚礼衣裳として用いていた正式な和装です。中でも黒が最も人気が高く「黒引き振袖」と呼ばれています。

 

新和装

和装をドレス感覚で和風モダンに着こなせるおしゃれ感が人気です。

個性的なコーディネートができることが魅力のひとつで自分らしいスタイルが作り出せます。

オーガンジーの綿帽子などもご用意があり、モダンな伝統スタイルを表現することもできます。

洋髪にワンポイント飾りを添えたアレンジヘアとのコーディネートが人気でオススメのスタイルです。

 

当日は洋装を着て、前撮りで和装を着るのが人気です♥

前撮工房 [ マナリゾート1Fサロン ]
〒485-0023
愛知県小牧市大字北外山 741-1
Copyright (C) 2014 前撮工房 All Rights Reserved.